投資先の断捨離:ターゲットを絞る

・銀行の積立 ・銀行の定期預金 ・外貨積立 ・投資信託 ・積立投信 ・株式投資 ・積立NISA ・401K ・仮想通貨 ・ソーシャルレンディング ・FX 今までやっていたものはこれらです。 少しずつどんなものがわかってきました。 人には得意不得意があるということと 的を絞って、集中的に資産を増やすことを した方が効率的だと思っています。 ただ、一通り試してみないとどれがあうか どれがやりやすいかわかりません。 自分の手持ちの金額もそうだし、 ライフスタイルもそう。 これなら時間を投資し、 勉強しながら知識を増やし 頑張れそう、というものを見つける作業です。 そして、下記のようなリストにまずは絞りました。 ・銀行の積立 ・投資信託 ・積立投信 ・株式投資 ・積立NISA ・401K ・仮想通貨 これに「米国株式」を追加したいです 以下は除外です。 ・銀行の定期預金 ・外貨積立 ・ソーシャルレンディング ・FX 外貨はマイナスが大きくなること FXはいまいちピンとこないこと ソーシャルレンディングはプラスになるけど 少額だとあまり大きくリターンを望めないこと。 です。 「銀行の積立」は自動積立になっているものですが、 これはある程度貯まったところで、別の投資への資金として使います。 「投資信託」インデック…

続きを読む

インデックスファンドの投資信託

資産運用・投資の初心者の頃って 情報を集めて 満を持して 大事なお金を預けますね 増やすべく やはり増えないと 投資の意味がないんです。 でも不安が残る リスクを少しでも減らして ちょっとずつ増やすには 投資信託の一択です。 今でこそ色々な投資をやっていますが 投資信託はそれでも強い味方です。 買っただけでほぼ放置でも増えていきます。 銀行に預けずに 投資信託に預けた90,000円が もう 94,000円になっています。 投資信託はインデックス投資をうまく組み合わせて 使うといいですね。 インデックスファンドとは『日経平均株価』や『NYダウ』などの株式指標(インデックス)と同じような値動きをするように作られた投資信託の1つです。 これを投資信託の積み立てに入れましょう。 毎月5000円でもいいのです。 みるみる増えていくのが楽しくなります。 銀行の定期預金は半年に1回通帳記入しても何も変化ないですよね。 でも、こっちは週に1回チェックするだけで増えています。 例えば、三井住友DS投信直販ネットさんでは、何種類もインデックスファンドの取り扱いがあります。 そして、運用管理費用(信託報酬)は業界の同種ファンドの中で低水準です。 しかも、月々1,000円からムリなく資産形成できます。 SBI証券さんは、100円から受け付けています…

続きを読む

投資信託は長期運用

2018年後半は、株価暴落により 持っている株や投資信託、あらゆるものが下がりました。 でも、やっと年も明けすでに1月後半ですが、 上がり始めてきました。 株も徐々に戻りつつあります。 投資信託も戻りつつあります。 投資信託の積立の場合何が良いかというのは 長期運用の前提で始めると 株価が低い時に買って また状況が好転すると その時に買ったものが値上がりし 結局 安く買って、高く買う または 安く買って、値上がりを楽しむ ことができます。 秘訣としては、 値下がりしても、 毎日毎日ログインして 金額をチェックしないこと。 忘れるくらいがちょうど良いです。 気になるのはわかりますが、 低迷している間は 「購入の時期」と考えて 積立を楽しみます。 金額が倍くらいになったら売却を考えてもいいでしょう。 株も基本的には同じですが、 投資信託は、プロが運用してくれている安心があります。 忙しくても 定期的に積み立てる形にすれば 給料を使い込む前に 積立てくれます。 まずは、投資信託の長期運用から始めるのがおすすめです。  →→→→ 月々1,000円からムリなく資産形成。スマホ・PCから簡単口座開設!

続きを読む

もっと見る