投資信託は長期運用

2018年後半は、株価暴落により 持っている株や投資信託、あらゆるものが下がりました。 でも、やっと年も明けすでに1月後半ですが、 上がり始めてきました。 株も徐々に戻りつつあります。 投資信託も戻りつつあります。 投資信託の積立の場合何が良いかというのは 長期運用の前提で始めると 株価が低い時に買って また状況が好転すると その時に買ったものが値上がりし 結局 安く買って、高く買う または 安く買って、値上がりを楽しむ ことができます。 秘訣としては、 値下がりしても、 毎日毎日ログインして 金額をチェックしないこと。 忘れるくらいがちょうど良いです。 気になるのはわかりますが、 低迷している間は 「購入の時期」と考えて 積立を楽しみます。 金額が倍くらいになったら売却を考えてもいいでしょう。 株も基本的には同じですが、 投資信託は、プロが運用してくれている安心があります。 忙しくても 定期的に積み立てる形にすれば 給料を使い込む前に 積立てくれます。 まずは、投資信託の長期運用から始めるのがおすすめです。  →→→→ 月々1,000円からムリなく資産形成。スマホ・PCから簡単口座開設!

続きを読む

投資を始めたきっかけ:株式と投資信託

投資を始めたきっかけを思い出しつつ、 今の、株式、投資信託、外貨、401K、積立NISA、仮想通貨、ソーシャルレンディングまで広がったのを振り返りたいと思います。 最初は勤めていた会社の「持ち株制度」でした。 貯金が苦手で、天引きされたら、しかも、株だから上がる可能性もあるし、ということで入社の際に説明を受け、そのまま申し込みました。 そのまま忘れていたのですが、数年たった頃 同僚が「株持ってる?2倍くらいになってるよ」と教えてくれて、 そこからインターネットで自社の株の価値を調べました。 すぐに換金することもなく、 そのまま他の会社の株価や、上がり下がりを見るうちに気になってきました。 会社を退職する時点で、 解約し、 天引きされた金額の2倍近くになった現金を 取引のあった証券会社で受け取りました。 その証券会社で別の会社の株を買うようになり、 最初は毎日上がったり下がったりするのを見ていました。 最初は、単位未満株で買いました。 金額的には、全てゼロになっても生活に困らない金額です。 これは今も鉄則です。 投資に回すお金は、「無くなっても困らない範囲で」行なっています。 ちょっとずつ投資しながら、様子を見て、 仕組みを知り、 ネットで情報を仕入れ、 書籍を読みます。 それも1箇所のウェブサイトではなく、 1冊の本ではなく、 本なら5冊〜10冊同じテーマの本を読みます。 …

続きを読む